うさぎ組 ぴょんぴょんカエル

雨が続きお外に行きたいよ~!と子ども達。この日はカエルの表現遊びをしました。カエルの歌をうたう時は思わず体が跳びはねてしまううさぎ組さん。

初めはカエルジャンプで遊びました。手足を床に付けて、保育士がピアノを弾くと驚くほどの高いジャンプを見せてくれました。よく耳を澄ましてみると「ゲロゲロッ」と可愛い鳴き声も聞こえてきました。すっかりカエルさんになりきっています。

続いての遊びは、、、保育士が話していると「ぴょ~ん!」と元気いっぱい飛び跳ねるカエルのおもちゃが登場!

子ども達からはすぐに「つくるー!」という声が上がっていました。

クレヨンでカエルの目玉と口を描き、土台となる牛乳パックにはペンで模様を描きました。

さあ、とばしてみましょう!まだかな?まだかな?と飛び起きるカエルをジーっと見つめ、突然飛び跳ねると驚きと面白さで大笑いの子ども達。自分のカエルを高くとばして遊びました。

なかなか、飛ばないカエルを見て「お~き~て~!」と床をたたいて起こしたり「1・2・3」と掛け声をかけてあげるなど見ていてとても可愛かったです。

最後の方になると、自分で上手に跳ばせるようになり、手のひらにのせてみたりお友達と一緒に跳ばしたり、楽しむ姿が見られました。