りす組 どんぐりころころ

11月の壁面装飾は「どんぐり」を作りました。

公園に遊びに行くとどんぐりが落ちている場所を子ども達は知っていて「あるかな」「あった」「ぼうし」「ないねー」等と秋の自然物で一番、興味・関心を持っていて、夢中になっています。

その為、お部屋に保育者が作ったどんぐりを見つけるとお歌をうたったり、「どんぐりー」「(どんぐりの種類の写真を見て)一緒だよー」と大興奮していました。

「お友達がほしいって言ってるよ。どうしようかな」と投げかけてみると「うーん」と一緒に考えてくれる姿が見られ嬉しくなりました。

まずは、2種類のどんぐりの形、絵の具の色から好きな方を選んび、色づけをしました。

ハロウィンのかぼちゃ作りでも経験していたので白い部分を見つけると「とんとんとん」とスタンピング。力強く、スタンプしていく姿に頼もしさを感じました。

EA1D7194-6051-4997-99C0-779768E6B502

BFA91ACA-2DC5-41BC-BF94-5B8C88927D66

そして、どんぐりの帽子はクレヨンでお絵描きをして、顔のパーツはのりで貼りました。

今回、白目を貼って、黒目を貼るということも子ども達にしてもらいました。「黒いお目々は白の上だよ」と声をかけると意識して貼る姿がありビックリ!!保育者の言葉をしっかりと理解して取り組む姿が増えました。

どこか作った子どものお顔に似ている可愛らしいどんぐりが完成しました。

りす組のどんぐり愛はまだまだ続きそうです。