りす組 小麦粉粘土で遊んだよ

感触遊びの1つ、小麦粉粘土で遊びました。

子ども達にいつものように「見てみてー」と声をかけると「何なにー」と興味津々な表情で近づいてきてくれました。担任としてこのやりとりがたまらなく可愛い子どもの姿で大好きなんです。

小麦粉から粘土に変わっていく様子を子ども達に見てもらいました。

まずは小麦粉の感触を味わいました。

触ってみると手が白くなり「うぇー」と驚いていたり、気持ちよくて握りしめていたりと楽しんでいました。

そして、粘土になっていく様子をじーと見つめる子ども達。

「どうぞ」と渡してみると保育者の真似をして丸めてみたり、伸ばしてみたりと触っていました。中には触る事に抵抗を見せて保育者が「触ってみる?」と近くに持っていくと後ずさりして遠くへ行こうとする子どもやツンツンと触って満足する子どもと様々な姿が見られました。

最後はみんなでお月見団子を作りました。玄関ホールに飾ってありますのでぜひご覧ください。