伝承遊び

今日は伝承あそびのイベントがありました。各クラスがこの日に向けて凧やこま、羽子板など、お正月伝統のおもちゃを作ってきました。

ひよこ組とりす組は宮田公園で凧揚げをしました。

ひよこさんは持って歩くと紙がクルクルと回る素敵な凧!初めての凧揚げをご機嫌で楽しみました♪

りす組の子どもたちは、出発前からルンルンの子ども達で道中は朝うたった ♪たこ の歌を熱唱しながら歩く姿があり、とても可愛いく保育者もウキウキ気分になりました。

到着すると自分の作ったたこを受け取り、広場を♪たーこ たーこ とうたいながら走っていたり、「先生、まてまてー」と言いながら凧とみんなとの追いかけっこが始まったり、凧のお散歩をしていたり、気がつくとベンチに座って休憩していたり…様々な姿がありました。

今までと違うと感じた事は自分の作った凧で十分に遊び込む姿が増えたことです。遊具よりもまずは凧あげをどの子も楽しんでいる姿に「嬉しい姿だな」と心の中で喜んでしまいました。(冬休み明け、成長したなぁと感じる事が多くなっています。毎日のちょっとした発見が嬉しく楽しいです)

もちろん、凧あげを十分に楽しんだあとは遊具でもたーくさん遊び楽しみました。

まだまだ凧あげを楽しみ、コマ遊びもしていきたいと思います。

今月、気分は普段通りに戻しながら遊びだけはお正月を楽しみたいと思います。

うさぎ組さんは凧と羽子板を作りました。公園へ行く前に羽根つき練習!糸で吊るされた羽を「エイ!エイ!」と声を出して羽子板に当て「たのし~!」と大喜びの子ども達。

その後、森公園へ行き凧揚げをしました。よーいどんの掛け声と共に、広場を全力で駆け抜け、「たかく上がれ~」と凧に話かける姿もとても可愛かったです。

羽根つきも「いっしょにしよー」とお友達に声をかけて子ども達同士で遊ぶ姿もみられました。

引き続き、室内や戸外で伝承遊びを楽しみたいと思います!!