【重要】新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言に伴う保育施設(事業所)の対応について方針が示されました。

本日、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言に伴う保育施設(事業所)の対応について尼崎市長より方針が打ち出されましたので、お知らせします。

【尼崎市:保護者用】新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言に伴う保育施設(事業所)の対応について(通知) (1)

 

〇職員・園児・保護者の方が罹患された場合の対応については、下記をご覧ください。

「保育施設(事業所)関係者に新型コロナウイルス感染者 又は濃厚接触者が発生した場合の対応方針」について

 

職員等の感染防止対策について

●職員各自に健康管理を促すとともに、手洗い、消毒の徹底。また、出勤前と出勤後に各自で体温測定し、発熱(37.5 度以上)や咳などの風邪の症状が見られる場合には、出勤を行わないことを徹底しています。

●施設外での研修、会合・会議等の実施は行わず、大人数での会議等については、規模縮小、書面会議に変更するなどの対応をしています。

●職員等には不要不急の往来を自粛するように要請しています。

●室内換気、玩具消毒、保育室の掃除、消毒作業を強化し感染防止に努めています。

※現在、園内で園児及び職員等が使用するための消毒石鹸、消毒液は不足していませんのでご安心下さい。

※ 緊急事態宣言が公表され、兵庫県は緊急地域に含まれていますので、保育士は全員マスクを使用させていただきます。
コロナウィルス感染拡大防止の為、マスクを使用していますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。