【当園の新型コロナウイルス感染症への対応について】

新型コロナウイルスの感染拡大防止に、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

安心して登園していただくために、新型コロナウイルス感染症に関する、保育園における現在の対策についてお知らせします。

 

 

【保育園における感染症予防及び感染拡大防止について】

・保育園における新型コロナウイルスへの対応については、尼崎市と連携し、「保育所等における新型コロナウイルスへの対応について(厚生労働省)」など国県が示す感染防止対策関連通知に準じて対応します。

 

 

【保育園の利用について】

・休業要請の対象となっている施設に勤務している保護者のお子様については、引き続き、在宅での保育をお願いします。

(感染予防対策を厳重に徹底したうえで開園しますが、保育園は濃厚接触の場となるため、可能な限り在宅での保育を行っていただきますようお願いいたします。(原則テレワークを含む))

 

・今後の感染拡大等の状況に応じて臨時休園等の対応を行うことがあります。

・登園前に体温を計測し発熱や呼吸器症状が認められる場合は、登園を控えるようにお願いします。(園では、登園時・午睡後、また体調に変化が見られた際は随時検温を行っています。)

・発熱があった場合は、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善してから登園するようにしてください。

・その他感染症の予防については、「保育所における感染症ガイドライン(厚生労働省)」に基づき行います。ご家族の皆さまにも、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

【保育園における対応のポイント

(「保育所等における新型コロナウイルスへの対応について」抜粋)

①新型コロナウイルスについては、風邪やインフルエンザと同様に、まずはマスク着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により、感染経路を断つことが重要です。

 

②発熱や呼吸器症状により感染が疑われる子ども等については、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安を踏まえた対応について(厚生労働省)」を踏まえて適切に対応します。

※新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)では、世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点での潜伏期間は 1~12.5日(多くは5日~6日)とされており、また他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

 

③概ね14日以内に法務省が指定する出入国管理及び難民認定法第5条第1項第14号に基づく入国拒否の措置の対象地域から帰国した者等については、発熱(概ね37.5℃以上)や呼吸器症状があるかどうかを確認し、次の(ア)又は(イ)に従って対応します。
※対象地域は流行状況に合わせて変更がされており、法務省のホームページ「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について」において公表されています。

(ア)発熱等の症状により感染が疑われる子ども等については、上記によらず他人との接触を避け、マスクを着用するなどし、速やかにもよりの保健所・帰国者接触者相談センターに電話連絡し、センターから指定された医療機関を受診する。

(イ)現に症状がない子ども等についても、帰国又は接触から14日間は外出を控えていただくよう要請し、健康状態を観察します。症状が出現した場合は(ア)により対応します。

 

④子ども等に対し、現在の知見の下での新型コロナウイルスに関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行うなどを通じ、新型コロナウイルスを理由とした偏見が生じないようにするなど、子どもの人権に十分配慮します。

・保育園では、正確な情報を収集し、正しい知識に基づく対策と子どもの人権に配慮した対応をしています。ご家庭におきましても、ご理解とご協力をお願いします。

 

【保育士、園児、保護者が感染・濃厚接触者になった場合の対応について】

『尼崎市立保育所での保育運営(行事・事業等)について』から抜粋

 

①入所児童または、職員が新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した場合、当該保育所は原則2週間の臨時休業とする。(開始時期については、当該児童の最後の登所日や職員の最後の出勤日を踏まえる必要があるため、保健所の指導に基づき休業期間を定める。)

 

② 保護者(同居者含む)が、新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した場合、当該児童は、保護者(同居者含む)が新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した日の翌日から原則2週間の自宅待機をお願いする。当該保育所は開所とする。

 

③ 入園園児または、職員が保健所において濃厚接触者と特定された場合、当該児童等は、濃厚接触者と特定された日の翌日から原則2週間の自宅待機をお願いする。当該保育所は開所とする。

※ 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した児童や職員の復帰(登園)については、治癒するまでの間は、登園・出勤をしないこととする。

上記のような対応を取らせていただきます。以上、よろしくお願いいたします。